制度紹介

制度紹介

人材育成

"トラストバンカー"という存在を目指して

当社の社員は、基本となる銀行業務の知識に加え、信託業務に係る幅広い知識を身につけることが求められます。
取引内容も画一的なものは少なく、お客さまのニーズに合わせ、最適なものを提案するため、高い専門性と「信託の精神」に立脚した上での判断力が必要となるのです。
こうした特性を持つ“トラストバンカー”の集団が三菱UFJ信託銀行です。

独自のキャリア・デベロップメント・プログラム制度

社員一人ひとりが持てる力を最大限に発揮できるよう、当社は独自のCDP制度(キャリア・デベロップメント・プログラム制度)を導入しています。

基本理念と育成方針
基本理念
  • 社員は、自らの責任においてキャリア構築・自己実現を図るための努力を続ける。
  • 会社は、社員にキャリア選択の機会とキャリア・能力開発の環境を提供する。
育成方針
  • 「成果責任」
    職務に応じた責任を全うし、成果を出す社員を育成する。
  • 「プロフェッショナル」
    収益力の高い組織を支えるプロフェッショナル社員を育成する。
  • 「自律(創造・挑戦)」
    新たな業務分野を創造し、挑戦する自律的な社員を育成する。
キャリア構築の支援制度
自己申告制度
  • 社員一人ひとりが、希望するキャリアや働き方などを年1回申告できます。
社内公募制度
(ジョブチャレンジ制度)
  • 自己申告制度とは別に、各業務の人材公募を行っています。
  • 社員は、この募集された業務に直接応募できます。
部門・業務領域別
人材育成プログラム
  • 各業務領域別に「人材育成プログラム」を整備し、期待人材要件、必要とされるスキル、キャリアパスのイメージ、研修ラインナップ、推奨資格などを明示しています。

実際に多くの社員に活用されています(社員の声)

  • 自己申告制度を利用して、海外赴任の希望を叶えることができました。
  • 入社以来ずっとリテール業務に携わってきましたが、10年目にジョブチャレンジ制度で法人業務に挑戦しました。自分の仕事の幅を広げることができています。
集合研修
  • 職位別研修(部室店長研修、新任管理職研修など)
  • 階層別研修(新入社員研修、新人トレーナー研修など)
  • 業務別研修(各部門や業務領域ごとに各種)
社内留学制度
  • 所属している部や支店から他の部室店へ短期間派遣し、専門業務や担当業務に関連する業務の実地研修を受ける制度。
  • 期間の目安は1日〜1週間程度。
短期トレーニー制度
  • 携わっている業務に関連する部署に派遣されることにより、さらに視野や知識を広げ、また、さまざまな関係者とのつながりの構築を目的とする制度。
  • 派遣期間は業務により異なります(1日〜6ヵ月程度)。
MUTBビジネススクール
  • 社員の自律的な能力開発を目的とした自己啓発支援制度。
  • さまざまな教育プログラムの中から、自分の知識やスキルに応じた講座を受講できます(ロジカルシンキング・タイムマネジメント・ITスキルなど)。
特別受験生制度
  • 業務上資格取得者の設置が必要とされている業務や、取得が望ましくかつ難易度の高い資格について、内定者の期間から試験合格を支援する制度。
  • 不動産鑑定士と年金アクチュアリーが対象。
渡航前語学研修
  • 海外勤務が決定し、語学力の向上が求められる場合、短期間で成果を上げるために社外の語学研修などに派遣する制度。

実際に多くの社員に活用されています(社員の声)

  • 職位が上がって仕事の範囲が広がったときには、それに合わせた研修がきちんと用意されているため、安心です。
  • 英会話スクールや資格取得のための通信講座など、受講費用の一部や全額を会社負担で受けられるものも多いため、資格取得に活用しました。

休暇制度

リフレッシュするための長期休暇制度も充実しています

連続休暇
(ライブウィーク)
  • 連続5営業日、土日を入れて9日間となる休暇を、年2回取得します。
長期休暇
  • 勤続15年で、1ヵ月間の長期連続休暇を取得します。

実際に多くの社員に活用されています(社員の声)

  • 1週間まとまった休みが取れるので、年1回は海外旅行に出かけています。
  • 勤続15年の長期休暇で1ヵ月間じっくり子供と向き合ったことで、子供の良い点、直さなければいけない点に改めて気づくことができました。

三菱UFJ信託銀行では、仕事の内容や会社の雰囲気を
知っていただくためのセミナーを数多く開催します。